京都での婚活で理想の女性と出会った体験

大阪の女性の明るさが自分を慰めてくれる材料になるとは想定外でした

婚活 京都ゼクシィ縁結びイベント

京都水族館でデートした帰りに寄ったレストランで想いを伝えたところ、自分には勿体ないといって断られました。
彼女は学齢があまり高くありません。
しかし短大は卒業しているので、特に低いわけでもないでしょう。
ところがそれを理由として、かたくなに拒否されてしまったのです。
今から考えると、他に不満な点があったけれど、それを正直に言わなかったのだと思います。
最後までこちらへの配慮を欠かさず、傷つけないようにしてくれたような気がします。
そのため、彼女に対しては現状でもまだ良い印象しか持っていません。
あまりに好印象だったので、次の一歩を踏み出すのに3カ月ほどかかりました。
彼女との想い出が強い場所で活動する気分になれず、活動を再開したのは自分にとって魅力的でなかった大阪です。
しかし、このときは非常に魅力的に感じられたことを覚えています。
大阪の女性の明るさが、自分を慰めてくれる材料になるとは想定外でした。

月に一度だけで京都で活動することにしました : あっさり振られるという予想外の展開になった : 大阪の女性の明るさが自分を慰めてくれる材料になるとは想定外でした